2016年9月21日水曜日

条件付き書式を複数セルに設定しセルの背景色を変更する

Excel2013で、条件付き書式を複数セルに設定しセルの背景色を変更する方法です。

下の検査成績表で、検査数が0より大きく、不良率が1%未満ならばセルの背景色を変更します。
検査数が0より大きく、不良率が1%未満ならばセルの背景色を変更する

背景色を変更するセル範囲を選択します。
ここでは不良率のセルを変更します。
背景色を変更するセル範囲を選択する

リボンの[ホーム]~スタイルグループの[条件付き書式]~[新しいルール]をクリックします。
[条件付き書式]~[新しいルール]をクリックする

新しい書式ルールのウィンドウが開くので、[数式を使用して、書式設定するセルを決定]をクリックします。
[数式を使用して、書式設定するセルを決定]をクリックする

書式ルールの編集ダイアログボックスが開きます。

1.「次の数式を満たす場合に書式設定」に、検査数が0より大きく、不良率が1%未満ならばを表す式、=AND(C5>0,E5<0.01) と入力します。
2.書式を設定し、[OK]ボタンで閉じます。
「次の数式を満たす場合に書式設定」に式を入力する

条件付き書式ルールの管理が開き、設定したルールが表示されています。
[OK]ボタンで閉じます。
条件付き書式ルールの管理が開き、設定したルールが表示されている

これで検査数が入力されていて、不良率が1%未満のセルの背景色が変更されます。
検査数が入力されていて、不良率が1%未満のセルの背景色を変更

関連する記事
関連する記事
不良率が指定%以上なら赤で表示する(条件付き書式)
条件付き書式を使い、指定した条件のデータにセルに色を付ける
数式を使った条件付き書式の設定
条件付き書式の編集方法

2016年9月14日水曜日

表のデータをランダムに並べ替える方法

Excel2013で、名前などのデータをランダムに並べ替える方法です。

下の名簿の表をランダムに並べ替えを行います。
名簿の表をランダムに並べ替える

乱数を発生させるRAND関数を入力します。
表の隣のセルに移動し、リボンの[数式]~[数学/三角]~[RAND]をクリックします。
[数学/三角]~[RAND]をクリックする

関数の引数ダイアログボックスが開きますが、引数がないので[OK]ボタンをクリックし閉じます。
関数の引数ダイアログボックスが開く

RAND関数が入力され、乱数が表示されます。
RAND関数が入力され、乱数が表示される

表の下までRAND関数をコピーします。
表の下までRAND関数をコピーする

リボンの[データ]~並べ替えとフィルターグループの[並べ替え]をクリックします。
並べ替えとフィルターグループの[並べ替え]をクリックする

並べ替えダイアログボックスが開きます。
最優先されるキーにRAND関数を入力した列を指定し、[OK]ボタンをクリックし閉じます。
最優先されるキーにRAND関数を入力した列を指定する

これでデータをランダムに並べ替えることができました。
データをランダムに並べ替えることができた

RAND関数は再計算するたびに乱数が再表示されるので、再計算し並べ替えるとデータは別の順序になります。
再計算し並べ替えるとデータは別の順序になる

関連する記事
関連する記事
並べ替えの使い方 - 自動と範囲を指定
複数の項目で並べ替えを行う方法
オートフィルで使うユーザー設定リストで並べ替える
簡単に昇順で並べ替える