2017年1月16日月曜日

フラッシュフィルの使い方(効率よくデータを入力する)

Excel2013の新機能、フラッシュフィルの使い方です。


フラッシュフィルとは、並んだデータの横に変化させたデータを入力すると、変化のパターンでデータを自動的に作成できる機能です。


ここでは代表的な使用例を3種類掲載しています。
これでフラッシュフィルの便利なところの概要が分かるかと思います。

≪使用例 1≫


1.連続した数値の横に「月度」を付けて入力します。
2.リボンの[データ]~データツールグループの[フラッシュフィル]をクリックします。
[フラッシュフィル]をクリックする

これで連続したデータ数だけ、「月度」が付いたデータが自動作成できます。
「月度」が付いたデータが自動作成できる

≪使用例 2≫


1.-(ハイフォン)が付いたコードの横に、数値部分のみを取り出し入力します。
2.[フラッシュフィル]をクリックします。
数値部分のみを取り出し入力する

これで連続したデータすべて、ハイフォンから下の数値部分のみ取り出し表示されます。
ハイフォンから下の数値部分のみ取り出し表示される

≪使用例 3≫


1.株式会社+社名から、社名のみ取り出し入力します。
2.[フラッシュフィル]をクリックします。
株式会社+社名から、社名のみ取り出す

これで下に並ぶすべてのデータが、社名のみになります。
下に並ぶすべてのデータが、社名のみになる

関連する記事
関連する記事
10間隔の連続データを作成する
1ヵ月や1年間の日付を一気に作成する
簡単に昇順で並べ替える
これは便利。ダブルクリックで連続データを簡単入力
IMEで郵便番号から住所を入力する

2017年1月15日日曜日

複数のセルにデータを一気に入力する方法・複数のシートにデータを一気に入力する方法

Excel2013で、複数のセルにデータを一気に入力する方法と、複数のシートにデータを一気に入力する方法です。


≪複数のセルにデータを一気に入力する方法≫


入力したいセルの範囲を選択します。
複数のセルにデータを一気に入力する画面

カーソルがあるセルにデータを入力します。
カーソルがあるセルにデータを入力する

Ctrl + Enterキーを押します。
これで選択したセル全体に、一気にデータを入力することができます。
Ctrl + Enterキーを押します

≪複数のシートにデータを一気に入力する方法≫


データを入力するシートを複数選択します。
連続したシートを複数選択するには、Shiftキーを押しながらシート名をクリックします。
離れたシートを複数選択するには、Ctrlキーを押しながらシート名をクリックします。
複数のシートにデータを一気に入力する画面

複数のシートを選択した状態で、データを入力します。
複数のシートを選択した状態で、データを入力する

これで選択したシートに、一気にデータを入力することができます。
選択したシートに、一気にデータを入力することができた

関連する記事
関連する記事
セル毎に日本語入力モードを自動的に切り替える
上下左右にセル移動する、入力に便利なキー操作方法
数値の入力方法/日付の入力方法/時刻の入力方法/文字の入力方法
入力したデータを削除する方法/修正する方法
「@」単価記号で始まるデータを入力する